aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

子どもの脳の力を伸ばすための教育

先日の記事でも触れました「クボタメソッド」とは?

今日は少し掘り下げて書いていきたいと思います。

 

 

クボタメソッド」は、

久保田競先生、夫人のカヨ子先生(”脳科学おばあちゃん”として知られる)と

主婦の友社が共同で築いた、子どもの「脳力」を最大限伸ばすための

育脳プログラムです。

 

 

 

まず、「脳の力」を伸ばすとどんないいことがあるのか?

それは、「頭のいい子」が育つということです。

 

では、「頭がいい」とはどういうことなのでしょうか?

 

 

「ほんとうの頭のよさ」とは、

何か問題にぶつかったときに、その問題の本質を見抜き、

解決できる能力である

と久保田競先生は考えています。

 

 

脳の前頭前野というところの大きさで頭の良さは決まります。

f:id:AK-method:20180311230807j:image

 

人間が考え、決断し、行動する、

すべてのことにかかわっているところが前頭前野です。

 

人間の前頭前野は、動物の中でも突出して大きく、

前頭前野が発達しているからこそ、

 

  • 何をするべきか(理解力)
  • どうすればいいのか(思考力)
  • いつやればいいのか(判断力 自制力)
  • 何が目的か(記憶力)
  • 実行する(行動力 決断力)
  • 最後まで成し遂げる(集中力)

 

これらのことができる、と言われています。

 

前頭前野をしっかりと発達させて、上記のバランスのとれた脳

を育てるということが大切なのです!

 

 

でも、脳を育てるには、タイムリミットが!!

 

私は、脳の勉強をするまで、タイムリミットがあることを知らず、

年齢関係なく、脳は使えば使っただけ育つと思っていました。

 

 

でも、脳の神経細胞は、2才3才で使わないとどんどん

消滅してしまうそうです。

 

なので、脳を育てるには3才までがチャンス!!

 

 

目や耳や手を使うことで神経細胞がつながって、

神経回路が増え前頭前野が発達するので、

 

3才までにしっかりと目や耳、指を使って

いかなければなりません。

 

 

しかし、赤ちゃんは自分でそれはできないので、

親である私たち大人が、

子どもが目や耳、指を使っていく機会をどんどん与えて

あげることが大切です。

 

 

では、私たちが子どもの前頭前野を大きく育ててあげるために

できることはなんでしょうか?

次の記事で詳しく書いていきたいと思います。