aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

レッスンで見られる子どもたちの成長

3月に入ると、1年を通してのレッスンの区切りの月で、

1年を振り返るのですが、

毎年、どのレッスンの子どもたちも、成長を感じることができます。

 

 

初めて、レッスンに来たときは、まだ1歳になる前だった子は

この一年から一年半で身体の成長はもちろん、出来ることもぐんと増えて、

おしゃべりや、歌まで歌えるようになった子もいます。

 

 

リトミックやピアノレッスンでは、

毎回一人ひとりピアノの音に合わせてお返事をするのですが、

レッスンを初めて最初の頃は、

 

私と目が合うとママの後ろに隠れる子、

お友達に注目されることが苦手だった子も、

 

何か月か経つと、「お返事やってくれる子?」と聞くと

「はい!」と手を挙げてくれる、

私の目を見てお返事できる、大きな声でお返事できる、

ピアノの音に合った音程でお返事できる、

 

お返事だけでもたくさんの成長が見られます!

 

 

歌が得意な子、楽器で演奏するのが好きな子、

手遊びが好きな子、周りをよく見て行動できる子、

先生の話をよく聞いている子、

 

それぞれの子どもにそれぞれの個性があって、

得意なことや苦手なこと、出来ることも違って、

 

そんな子どもたちのそれぞれの成長を見ることができる事が、

本当に嬉しく思います♪

 

 

出来なかったことができるようになった、

以前よりも上手にできた、

そんな時の子どもたちのキラキラした笑顔を

見られることが幸せです♪

 

これからもそんなキラキラした笑顔が

たくさん見られますように!

 

 

私も子どもたちが得意なことをもっと伸ばしてあげられるよう、

苦手なことやできなかったことが、少しでも前進するよう、

そんなレッスンを心掛けていきます。

 

 

 

また、今日は、甥っ子たちのリトミックのレッスンに

息子も初めて一緒に参加させてもらいました。

f:id:AK-method:20180315212957j:image

 

息子、いつもは私がレッスンをしている間、

ばあばと上のリビングで音に合わせて歌ったり踊って

いるそうなのですが、

 

私はレッスン中のその姿を見たことがなかったので、

今日一緒にレッスンさせてもらう前は正直不安だらけでした。

 

 

人見知りな性格と、

ピアノの部屋に普段入って遊ぶこともあるので、

レッスンと区別してできるか。

 

 

レッスンが始まってしばらくは、ばあばに甘えて抱っこ

されていたり、ピアノを弾きたがったり、自由に動いて

しまっていましたが、

 

年上の甥っ子がレッスンをしている姿を見たり、

今はこれをするときだよと教えたら、

一緒にやっていたので、息子の成長も見ることができ

とても貴重な機会をもらったなと思います。

 

 

息子は幼児教室に半年くらい通っていましたが、

まだまだ集団生活になれていないので、

 

これから、お友だちやいろいろな環境の中で

周りを見て判断し、人と行動すること、協調性も

身に着けて行ってほしいと思います。