aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

悪阻を軽減する私流の方法

今回も酷い時は何をしても気持ちが悪かったし、

毎日が絶望的で、先が見えず泣いてすごした時間もあったけど、

 

それでも私が二度目の妊娠、悪阻で学んだこと。

 

 

私流の方法ですが、参考になれば嬉しいです。

(嘔吐する話なので、決して気分のいい話ではないですが、ご了承ください)

 

 

①嘔吐しても、あきらめずに食べ飲み続ける!

 

私は、嘔吐し始めると 止まらなくなるようで、

食べず飲まずで吐き続けると脱水症状を起こし、

余計に状況が悪化するので気を付けていました。

 

二度の妊娠の吐き悪阻を通して、

人間ある程度嘔吐してしまうと、身体(脳)が「飢餓状態」と

認識するようで、あるとき、急に水分を受け付けるときがありました。

 

 

調子がよければ、そのまま固形物も受け付けたり、

回復の方向に向かう時もありました。

 

 

 

②リラックスできる音楽や香りを見つける

 

悪阻の間、常に身体が緊張状態なので、

少しでも身体をリラックス状態にできる時間を作ることが大切。

 

私はリラクゼーションや、胎教にいい音楽を聴いたり、

柑橘系の香りがスッキリして好きだったので、スプレーを買って

部屋にシュッとして、

 

少しでも気分がよくなるようにしていました。

 

 

③「悪阻が酷いのは、赤ちゃんが元気な証拠」を信じる。

 

悪阻が起きるのは、赤ちゃんがお腹の中で細胞分裂

成長するときに、分泌されるホルモンによるもの。

 

悪阻の原因はいまだに完全には明らかにされていないようですが、

私の妊娠経過、赤ちゃんの成長時期と、悪阻を重ね合わせてみると

このホルモンが分泌されるときなのかなと思います。

 

実際に一人目の息子は、とっても元気な子で生命力にあふれている感じです。

2人目もきっとそうと信じてきました。

 

 

元気にうまれてくるわが子の事を考えると、頑張れる気がしました。

 

 

④悪阻が治まったら、食べたいもの、したいこと、を考える

 

悪阻の間は何を食べてもおいしくないし、飲んでも嘔吐してしまう、

悲しい日々でしたが、

 

悪阻が治まったら、「炭酸ジュースをがぶがぶ飲みたい」「フルーツパフェをたくさん食べたい」「息子と思い切り公園で遊んであげたい」「家族で景色のいいところに行きたい」、

 

したいこと、楽しいことを考えたら、励みになったし、

常に気持ちが悪い中でも、少しでも気分がよくなります。

とにかくプラスの事を考える!

 

 

 

悪阻は何回経験しても、先が見えなくて、毎日が辛いです。

でもいつかは終わりが来るのです。

 

 

 

助産師さん、先輩ママたちから、

「今は辛いけど、苦しいけど、悪阻はいつかは終わりがくるから

今は頑張って乗り越えてね」と言われました。

 

 

悪阻の最中は、辛い気持ちでいっぱいで受け止めきれない自分も

いましたが、

「いつか終わりがくる」、その言葉を励みに、乗り越えることが

できました!!

 

 

辛い悪阻生活を乗り越えたからこそ見える、今まで当たり前だった幸せや、

ありがたみを感じることができるようになったし、

 

何よりも家族や、周りの人に助けてもらったことがたくさん、

人の温かみをとても感じた時間でした。

 

 

 

悪阻生活で、辛い思いをしている人もたくさんいると思います。

私が温かい言葉をいただいて励みになったように、

少しでも苦しんでいる方の励みとなりますように。