aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

幼少期にしか培うことができない能力、「絶対音感」について

絶対音感」という言葉を聞いたことがありますか?

 

絶対音感」とは、ピアノなどの楽器の音がポンと鳴った時に、

音の高さを認識できる能力と言われています。

 

 

この「絶対音感」は、5歳くらいまでにトレーニングを積んでいると

身に着くと言われています。

幼少期から楽器を演奏し、音階をよく聴き、認識している人は、

この「絶対音感」が身についているのではないでしょうか。

 

 

私も3歳頃からピアノを習って弾いていたので、

この「絶対音感」が身につきました。

 

 

当時、私が習っていたピアノのレッスンの中でも、

音名をクイズ形式で聞かれ、答えるというトレーニングを

していた記憶があるのですが、

 

ピアノの音を頻繁に聴く生活をしてきたので、

正しい音階を覚え、音を聴くと音名がわかるようになっていました。

 

 

また、曲を聴くと音階で聞こえる、日常生活内で鳴る音が音階で

聞こえるときもあります。

 

 

 

この「絶対音感」を身に着けて、私自身がよかったと思うことは、

ピアノを弾く時や、歌をうたう時に、正確な音かどうか判断できる事、

 

また、楽譜がなくても、音を聞き取ることができ、

テレビなどで聴く好きな曲を自分で弾くことができる事、

 

学校の音楽の授業でも、正確な音がわかるので、歌をうたうことや

楽器を演奏するときに、自信をもって臨むことができた事、

 

 

現在も、息子が好きな曲を聴いてすぐ覚えて歌ったり、

ピアノで弾いてあげることができる事。

 

 

私自身の経験を通しても、

やはり幼少期から培われてきた能力だと思います。

 

私が「ピアノをやりたい」と言ったときからずっと

続けさせてくれた両親には感謝しています。

 

 

 

ということで、

私もたまに、二歳の息子にピアノの音階を聴かせて

「ドレミ~」と遊び半分で、音階トレーニングのようなものを

しています。

 

「ドレミファソ」と音名自体は覚えているのですが、

まだまだ「絶対音感」は身についていないので、

これからも続けてみたいと思います。

f:id:AK-method:20180402231109j:image

 

息子は1歳くらいから、人よりも音に対しての

反応が敏感だと思います。

 

 

彼の中で興味があるからこそなのかもしれませんが、

現在でも飛行機や車の音などが聞こえると、

頻繁に「~の音」と反応し、音が聞こえてきた方向を指さします。

 

 

また、最近では聞こえてきた音のモノマネをするのが

得意になってきました。

 

 

音階ではありませんが、

息子の聞こえ方と、息子なりの表現の仕方が面白いです。

 

 

音に対してもですが、様々なことに興味がある時期に、

息子の能力も伸ばしてあげたいなと

思う今日この頃です。

 

 

話が少しそれましたが、「絶対音感」はトレーニングさえすれば

身に着くと思いますので、「絶対音感」を身に着けたい方は

ぜひ5歳くらいまでに訓練をスタートするといいと思います。