aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

空間把握能力を育む、マグネットブロック

最近購入したマグネットブロック

 

ずっと気になっていたおもちゃ、マグネットブロック。

パパが息子に最近購入してくれました♪

 

 

Kingstarのマグネットブロックです。

 

 

 

観覧車と車を作ることができるパーツ付き、94ピース。

ケースも付いているので収納も便利です。

 

子どもの脳を育む遊び

 

マグネットブロックと最初に出会ったのが、子育て支援センター

カラフルで可愛く、磁石でくっつくので子どもたちに人気のおもちゃでした。

 

 

かまり立ちができるようになった頃の子どもは、磁石でくっつくので冷蔵庫にペタペタと貼って遊んでいました。

貼ったり取ったり、子どもにはたまらない遊びですよね。

 

 

また、1歳半くらいからは、おままごとの中でお鍋に入れて料理に見立てて遊ぶ子もいれば、大人と一緒に家や複雑な形の立体に挑戦する子も。

 

子どもだけでなく、大人も頭を使って夢中になってしまう遊びです。

 

 

 

このマグネットブロックは、磁石でくっついているので、簡単に作ることができる代わりに壊れやすいので、子ども自身もそっと気を付けて作ることを覚えますし、

指先を器用に使い、作りたいものを想像して立体を作るので、空間把握能力が養われます。

 

 

このマグネットブロックが届いてすぐ、まず息子が作りたいと言ったのがやはり車!

車輪のパーツを見つけて、「車作って!」と。

 

 

息子と一緒にやってみましたが、最初はやはり2歳の息子は力加減がわからず、すぐに「ペシャーン」。

とりあえずたくさんくっつけてみたり、壊して遊んでいました。

 

 

次に、息子が好きな観覧車を作ろうと息子を誘い、どの形のパーツをくっつけるか息子に言いながら、一緒に作ってみました。

すぐ壊れるので、そっとそっと。。。私がひやひやしながら。。。

 

出来た時には息子大興奮で、回る観覧車をぐるんぐるん勢いよく回していました!

ただ勢いのあまり、やはり崩れます。。。。

 

がしゃんがしゃん壊すのも子どもにとっては楽しい遊びで、気持ちがいいので壊します。

 

 

 

一生懸命作っている途中で壊されると、つい怒りたくなりますが、

子どもはまず「破壊」から遊びを学んでいくと聞いたことがあるので、この「壊す」遊びも通る道かなと。

 

 

これから息子といろんな作品を作っていく楽しみもできました♪

息子が一人で立体を作ることができるように、一緒に楽しみながら、遊んでいきたいと思います!!

 

 

 

慣れたらもっとピースを買い足して、大きな作品を作る楽しみも♪

 

 

 

 

 

Kingstar マグネットブロック (147ピース)

Kingstar マグネットブロック (147ピース)