aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

耳と目で楽しむ♪子ども向けファミリーコンサート♪

先日、友人に誘ってもらったのがきっかけで、初めて息子を連れて子ども歓迎のファミリーコンサートを聴きに行ってきました。

8月23日(木)ファミリーコンサート - スタジオ・Key-愛知県名古屋市名東区の音楽教室

 

このコンサートは無料ですが、事前に整理券を取りに行っていたそうです。

整理券が余っていたので譲ってもらいました。

 

 

今回のファミリーコンサートは歌と楽器の演奏で、子ども向けなので1時間くらいでした。

「コンサート」というと薄暗い観客席で静かに座って聞いていなければいけないと思うのですが、会場自体も明るく、出入りも自由、また子どもが泣いても嫌な顔をされない環境で、私も息子達を気軽に連れていくことができました。

 

 

長男の息子も、だいぶ落ち着いて座っていることができるようにはなってきたのですが、まだまだ集中力は続かないし、初めての経験なので不安でしたが、心配していたようなことはありませんでした。

 

 

会場には、授乳室も設けられていたので開演前に授乳することができ、次男の息子も授乳したら抱っこ紐の中でずっと心地よく寝ていました。

授乳室やおむつ替えができるスペースがあるのが本当にありがたかったです。

 

 

 

コンサートの演奏は、フルート、ハープ、コントラバス、パーカッション、歌。

息子、ピアノや家にあるタンバリンや鈴などの楽器は触ったことがあるのですが、初めて見て聞く楽器に「あれ何?」と興味を持って見て聞いていました。

また、選曲も子ども向けの曲が多く、大人もよく耳にするような有名な曲ばかりでした。

 

 

その中でも「ゆりかご」の歌や、「とんでいったバナナ」の曲は、息子がよく知っている曲だったので、楽しんで聞いていました。また、家に帰ってからも「ママ歌って」と言い、私が歌うのを楽しそうに聞いて、練習していました。

 

 

「ゆりかご」の歌は、息子のお気に入りの曲で、コンサートの後、毎日練習してほとんど歌うことができるようになりました。

毎日、母子で一緒に歌うのが楽しくなりました。

 

 

 

子どもの聴く「耳」を育てるには、綺麗な音の生演奏を聴くのが一番です。

間近で本物の楽器を見て、生演奏を聴く機会を与えてもらい、本当によかった。

 

 

息子も音楽に今まで以上に興味を持つことができたのも、今回のコンサートに行ったおかげです。

今までは、息子2人を連れて、コンサートに連れて行く勇気がなかったのですが、

子ども向けのファミリーコンサートなら、気軽に行くことができるということがわかったし、とてもいい機会になると思いました。

 

 

息子たちにもっとたくさん、このような機会を与えてあげたいと思いました。

また、機会があればぜひ行ってみたいと思います。