aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

家族との最高の思い出を残す、一眼レフ(夫ブログ)

こんばんは。

 
 
今日も忙しい妻に代わって、私がブログを書いてみたいと思います。
みなさんは、成長していく子どもたちや家族との思い出を、どのように残していますか?
 
写真派? 映像派?
 
私は、写真(カメラ)が好きなので、もっぱら写真を撮っています。連写です!
 
一眼レフを使っていますが、
今回は、その一眼レフの魅力を少し紹介してみたいと思います。
 
 

私が使っている、一眼レフ

私は入門機ではありますが、一眼レフを4~5年使っています。
(キヤノン EOS Kiss x7i)
当時は、レンズセットで10万円ほどしたと思います。
今でもあまり値落ちはしていないようですが、生産は終了しています。
ちなみにレンズは、シグマの17-50mm F2.8 EX DC OS HSM です。
 
SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

 

 

入門機だけあって、基本性能はすべて兼ね備えており、
扱いやすい機種です。初心者の方にもおすすめです。
 
 

入門機を使って思ったこと

今だとキヤノンの入門機は、x9、x90シリーズまで出ていますね。
ただ、私が思うのは、初めから「ハイアマチュアモデル」を買った方がいい。です。
 
もちろん、予算やカメラの使い方があるので人それぞれですが、
カメラを趣味にしたい、もしくは、今までミラーレスを使っていて物足りなさを感じる。
という方は、「ハイアマチュアモデル」がいいと思います。
7D MarkⅡあたりがおすすめです。
 
7D MarkⅡ 
 
なんでも好きだといいモノが欲しくなるし、いろんなシーンでの撮影にチャレンジしたくなりますね。
その時に、詳しくは書きませんが、入門機だとスペックや設定上できないことが多々あります。
だけど、「ハイアマチュアモデル」なら大抵のことはできます。
実際に、私のカメラ好きな友人も、入門機からすぐに「ハイアマチュアモデル」に買い替えていました。
 
 
 

なぜ、一眼レフなのか

いい写真が撮れるからです!
いい写真の定義は人それぞれですが、レンズを選べることで、
背景がボケた、雰囲気のいい写真や
f:id:AK-method:20180906215014j:image
(ケーキおいしそうですね)
 
シャッタースピードを上げることで、激しく動き回る子どもをブレずにとることが出来ます。
f:id:AK-method:20180906215121j:image
 
f:id:AK-method:20180906215131j:image
 
いい写真が撮れると、後から見返したときに、
よりいい思い出として、記憶がよみがえります。
 
こんな写真も撮れます。
 
f:id:AK-method:20180906215451j:image
 

一眼レフのデメリットは?

 
デカいし、重いです。。。
(私のカメラは、レンズ込みで1㎏くらい)
 
上と矛盾したことを言いますが、持ち運びは不便です。
首にかけていると、首にネックストラップがこすれてヒリヒリしたりもします。。。
 
なので、私はカメラバックに入れて持ち運んでます。
これなら、あまり苦になりません。
 
しいて言うなら、パッとカメラを取り出せないことくらい。
 
f:id:AK-method:20180906220002j:image
 
写真派ですが、いざという時のためにビデオカメラも持っています。
なので、めちゃ重いです。
 
 
 

まとめ

表面的なことをつらつら書きましたが、写真を撮るなら一眼レフをおすすめします。」
 
ただ、子育て中は荷物が多いので、女性や、持ち運びを気にする方は、ミラーレスや、それこそ携帯のカメラで十分ですね。
 
しかし、レンズや設定によって撮れる写真が全然違うし、
なにより、狙った写真が撮れた時は快感です。
 
また、思い出をより一層鮮やかに残すことが出来ます。
 
その時にしかない瞬間を、残すことが出来ます。
 
いい写真を撮りたいから、子どもと楽しい場所へ出かける→子どもはめちゃ楽しい→いい笑顔をする→いい写真が撮れる→子どもといる時間が楽しくて仕方ない!
 
一眼レフを買うと、いいことしかありませんね♪
大変なことも多い子育てですが、楽しく過ごしていきたいですね。