aoiのblog

ピアノdeクボタメソッド、リトミック教室をしている二児のママブログ♪

名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークに行ってきました♪

こんばんは。

 

最近の週末は、息子たちの行きたいところへお出掛けしていたので、今週末は私たちの買い物に付き合っもらう予定でした。

 

が…

 

私:「買い物に付き合ってね~」と言って車を走らせていると、

 

息子:「アンパンマンに会いたい!」

 

と、突然リクエストされてしまいましたので、予定を変更してナガシマスパーランドに隣接している"アンパンマンミュージアム"に行ってきました!!

 

コールマンのシュラフ(寝袋)を2つ買いました(笑)

 

みなさまご存知の通り、アンパンマンミュージアムナガシマスパーランドに隣接(同じ敷地内)しているので、ジャンボ海水プールやアウトレットのジャズドリームナガシマに、ついでに行くことが出来ます。

 

また、ホテル花水木等の宿泊施設も併設しています。

 

ですので、本気を出すと、

ナガシマスパーランドアンパンマンミュージアム→宿泊→ジャンボ海水プール→ジャスドリームナガシマ

という具合に、ナガシマを堪能することができます。

 

なので、アンパンミュージアムの帰りにジャズドリームのコールマンアウトレットへ行き、シュラフを買ってしましました(笑)。

 

以前も書きましたが、私は家族でキャンプに行ける日を夢見ています。

 

もともと買う予定はなかったのですが、ナガシマの駐車場は1000円入庫時に支払い、買い物をすると戻ってくるシステムなのですが、アンパンミュージアムの利用だけでは戻ってきません。

 

ということで、アンパンミュージアムでお疲れの息子を抱っこし、コールマンへ。

 

シュラフ2つゲットです!!

 

調べてみたのですが、モデルが古すぎるのか公式HPには商品の記載はありませんでした

 

たぶん、これ↓の前のモデルで、2つで6000円でした!!

https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N04826.html

 

いい買い物ができました♪

 

名古屋アンパンこどもミュージアム&パークについて

 

入場料ですが、1歳以上から1500円/人です。

 

我が家は、夫婦+息子2人(2歳・0歳)なので4500円です...

 

お高いですね。

 

中に入ってみると、アンパンマンの遊具やグッズやおもちゃを売るお店、パン屋やアイスクリームのお店等が入っていて、すべてがアンパンマンに統一されている感じです。

 

www.nagoya-anpanman.jp

 

息子も、食パンマンとカレーパンマンに囲まれてうれしそうです♪

f:id:AK-method:20180923223054j:image

アンパンマンショーなんかも定期的にやっていて、参加型なので親子で一緒に楽しむことができます♪

f:id:AK-method:20180923223122j:image

 

こちらは、アンパンマンの風船です。 1200円くらいだったと思いますが、こちらも楽しそうです。

f:id:AK-method:20180923223129j:image

風船ではしゃぎすぎて、すぐに割れて?しぼんでしまったのですが、それを見ていたスタッフの方が、

「空気が抜けてしまいましたね。交換しますね」と、 お声をかけてくださり、パンパンのアンパンマンに交換してくれました!

 

ディズニーなんかもそうですが、こういった心優しいスタッフの方の振る舞いが素敵ですね。 また行きたくなります♪

 

息子も帰るときには、名残惜しそうでした。

f:id:AK-method:20180923223239j:image

また来ようね。

 

子供の好きなことを見つけること 

 

息子(長男)は、キャラクターものというより、クルマや電車などの乗り物が大好きです。

 

テレビで放送しているアンパンマンのアニメも全然見ないです。

 

なので、クルマや電車の博物館、空港などに行くことが多いのですが、自分から「アンパンマンに会いたい!!」と主張し、実際にアンパンマンミュージアムに行って、あれだけ楽しそうにしている息子を見ると、子供は何に興味を持つかわかりません。

 

子供の興味があることなどの記憶力ってすごいですよね。

 

長男は、まだ文字は読めませんが、道を走ってるほとんどのクルマのメーカーと車種を言い当てることが出来ます。

 

私:あの車なにかわかる?

 

息子:ホンダのフィット!!

 

みたいに。

親バカかもしれませんが関心しています。

 

このブログでも何度も書いていますが、親の大事な役目の一つに、

 
 

”様々な経験をさせて、好きなことをたくさん見つけてあげること”

 
 

が、あると思います。

 

だから、子供たちには好きなことだけをやりつくすような毎日を送らせてあげたいですね。

 

きっとその中から、大人になっても続けられる趣味や、中には職業にできることが見つかるかもしれません。

 

一度しかない人生なので、子供たちには楽しみにあふれた人生を送ってほしいですね。

 

そのためには、私たちも楽しみながら子育てをしていきましょう♪

 

今日も、夫でした... ありがとうございました。